レッドプロポリス

RedIbana
内容量】:300mg×240球) 【販売価格】:58,800円(税込))

イソフラボンなどのフラボノイド類を含み、エストロゲン(女性ホルモン)よう作用、抗酸化作用、コラーゲン産生促進効果が期待される。そのため、美容食 品素材としても利用可能。今まではあまり知られていなく、大変希少価値の高いものです。
プロポリスの主な有用成分は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・フラボノイド・有機酸ですが、その中でも特に健康に役立つとされているのがフラボノイドです。この成分を人間が摂取すると様々な健康へ有用性をもたらしてくれます。赤色プロポリスには一般的プロポリスに比べ約1.5倍ものフラボノイド類含有量を誇ります。

PB商品の企画生産も承ります
商品の価格に関しては、お問い合わせください

★レッドプロポリスとは?

大変希少価値の高いブラジル産レッドプロポリス原塊をエタノール抽出することにより得られたエキスを凍結乾燥粉砕し、パウダー化したもの。イソフラボンなどのフラボノイド類を含み、エストロゲン様作用、抗酸化作用、コラーゲン産生促進効果が期待される。そのため、美容食品素材としても利用可能。

(1)レッドプロポリスの起源

プロポリスは、ミツバチが特定の植物の樹皮等から集めた樹脂とミツバチ自身の腺分泌物を混合して生産される粘着性のある樹枝状物質であり、主に巣を作る際の接着剤として、あるいは外敵からミツバチ自身や巣を守るために使用されていると考えられている。一般的なブラジル産プロポリス(原塊)は、ミナス・ジェライス州、パラナ州等で採取され、通常暗黄色、褐色、緑、黒色の樹脂物質で、その起源植物は主にキク科のBaccharis dracunculifolia(アレクリンドカンポ)であると言われている。)
それに対し、レッドプロポリス(原塊)は、ブラシル北東部のマングローブ地帯にて発見されたその名の通り赤色の樹枝状物質で、その期限植物は、マメ科ツルサイカチ属の一種Dalbergia ecastophyllum(L)Toub.(以下、エカストフィラム)であることが明らかとなっている。)  
 
ブラジルアラゴーアス州マングローブ林     エカストフィラムから滲み出た赤い樹液

(2)生産量

ブラジルにおけるプロポリス生産量は年間25トンともいわれるが、レッドプロポリスの産地は主にブラジル北東部(アラゴーアス州、パライバ州等)と限られており、生産量も数百キロと少ないため、大変希少価値が高い。)
 
 巣箱に作られたレッドポリス(原塊)       大変貴重なレッドプロポリス原塊

★レッドプロポリスの有効性!

(1)有効成分

通常のプロポリスに含まれる成分として、桂皮酸誘導体であるアルテピリンCやフラボノイド、テルペン類等が知られており、抗菌作用、抗ウィルス作用、抗癌作用、抗炎症作用などの薬理作用があるといわれている。それに対し、レッドプロポリスには通常のプロポリスとは異なるフラボノイド類(リキリチゲニン、イソリキリチゲニン、ダイゼイン、フォルモノネチン、ビオカニンA)やポリフェノール類が豊富に含まれていることが明らかとなっており、このうちダイゼイン、フォルモノネチン、ビオカニンAはイソフラボンの一種である。) レッドプロポリスは生体内実験(in vivo)において鎮痛作用を示すことが確認され、その他に抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、エストロゲン様作用、美白作用、乳癌や前立腺癌等の症状緩和などが期待され、美容目的素材としても利用可能。
RedIbana03

(2)イソフラボンとは?

イソフラボンはその構造が女性ホルモンであるエストロゲンと類似しており、弱いエストロゲン活性を示す。閉経後のエストロゲンの欠乏によるイライラや、ほてりなどの更年期障害、骨粗鬆症、心筋梗塞などに対する予防や治療効果が期待されており、更には乳癌や前立腺癌などの症状緩和に効果があることが知られている。)
その中でも、レッドプロポリスに含まれるイソフラボン(ダイゼイン、フォルモノネチン、ビオカニンA)は、大半がアグリコンの形で存在しており、配糖体型に比べて体内への吸収が良く、生物学的利用率が高いとされている。フォルモノネチン、ビオカニンAはそれぞれ、体内でダイゼイン、ゲニステインに代謝される。このダイゼイン、ゲニステインは、大豆にも含まれるイソフラボンで、動物での経口摂取によるメラニン生成抑制作用、コラーゲン生成促進作用、ヒアルロン酸生成促進作用などが知られており、美容食品素材として幅広く利用されている。

(3)イソリキリチゲニン、リキリチゲニンとは?

イソリキリチゲニン及びリキリチゲニンはイソフラボン生合成経路の前駆物質であり、体内の酵素の働きにより、ダイゼインやゲニステインといったアグリコン型のイソフラボンに変化する。また、リキリチゲニン及びイソリキリチゲニンは、試験管内テストにおいて前立腺癌に対する抑制効果があり、キサンチンオキシダーゼの活性を阻害し、肝臓癌や脳腫瘍に対して効果があるとされている。

(4)レッドプロポリスの抗酸化作用(DPPHによるラジカル消去能評価)

レッドプロポリスと、強い抗酸化性を示すブラジル産スーパーグリーンプロポリスの抗酸化作用を、それぞれのパウダーのDPPHラジカル消去能評価により比較した。 その結果、表に示すように、スーパーグリーンプロポリスと同等の抗酸化作用が得られた。